Blog

☆息子の龍☆

りゅうのなみだ。だって。
何か物語があるのかな⁇
知ってる?
学校から持って帰ってきた沢山の絵の中に混じってたんだ^^

photo:01


photo:02



1年生の絵とは思えない迫力に母は感動しました‼
大きさもまさにこんな感じ。
凄くリアルです!
でも、ママがいつも話す龍はファルコンみたいに毛が生えてるよw
いづれ彼が大人になって、私の仕事を受け継いでくれる日はくるのかな?
それとも、また別の道に進むのか…。
とても楽しみですd(^_^o)
iPhoneからの投稿

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    あたしは二年生でこの物語の絵を描かせました。
    お話しを聞いて、想像して描きます。
    一年生では難しいんですけど。
    素敵ですね。
    少年が、人間を憎む龍の心を変えるお話しです。息子が描いた場面がまさにそれです。嫌われ者の龍がかわいそうと思う少年は、山の奥までやってきて、自分の誕生日に龍を自分の家に招待するのです。
    息子さんは、木の上にのぼって龍とお話ししたと想像したのですね。うちのクラスでは出てこなかった構図です。
    とっても素晴らしいですね。
    お家に飾ってあげて下さいね。
    子どもの絵はパワーありますものね。
    o(^▽^)o

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sefiraについて

私は媒体となり、魂や視えざるモノ・声なきモノの声を聴き取り、目には見えないけれどご相談者様に伝えられるべきメッセージを、今を乗り越える為のヒントとしてお伝えさせて頂きます。
PAGE TOP