Blog

もう辛すぎです。

津波で壊滅的な被害を受けた岩手県宮古市田老で14日、倒壊した家屋の中から祖母と孫で3歳の男の子の遺体が発見された。現地入りした記者は、その様子を見ていた。祖母は孫をしっかりと抱きしめたまま亡くなっており、最後まで孫を守り抜こうとしていた。

 倒壊した家屋は津波に押し流され、元の場所から数百メートル離れた場所で見つかった。線路が上にあった。家族や親類らは午前中から、がれきの撤去を始めたという。ブルドーザーや手作業で柱などを一つ一つ取り除いていった。電動ノコギリを使って、流れついた街路樹なども切った。

 2人が発見されたのは午後2時を過ぎてからだった。折り重なるように倒れており、祖母が孫を両手で抱きかかえていた。

 その瞬間、撤去作業の様子を食い入るように見つめていた20代の男児の母親はその場に崩れ落ち、家族や親類らと抱き合って号泣し続けた。

 母親は「おばあちゃんは私が仕事の時、いつも息子の面倒を見てくれていた。2人が一緒に見つかって本当に良かった」と涙をぬぐい「でもやっぱり死に顔は見られなかった。まだ生きていると信じている自分がいるから」と声を詰まらせた。

もう本当に辛すぎて、泣きっぱなしの日々です。

被災地の方々はもっとお辛いのですよね。

私たちも出来るだけの事をしようと、おとついから被災地に向けてのエネルギーワークを始めました。

繋がるだけで、悲鳴や家族や友人だと思うのですが、探す姿や苦しむ姿が視えます。

最初はブロックをしようと思ったのですが、少しでも癒されるならばとみんなでエネルギーを送っております。

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    今必死で節電中。
    被災地の力になりたいよね!!今は前向きにできることを最大限頑張りたい!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sefiraについて

私は媒体となり、魂や視えざるモノ・声なきモノの声を聴き取り、目には見えないけれどご相談者様に伝えられるべきメッセージを、今を乗り越える為のヒントとしてお伝えさせて頂きます。
PAGE TOP